裁量トレーダーとシステムトレーダーの違い

経験豊かな裁量トレーダーとシステムトレーダーには大きな違いがない、と言われます。

双方とも、規律ある売買を繰り返し、利益を積み重ねています。つまり、恐怖心や欲を排除して、理性のワンクションを置いているわけです。

裁量トレーダーは、先天的な特質によってか、後天的な訓練によってか、売買の判断を下す前に、己の欲望を排除し、理性に基づく判断を瞬時に下します。

一方、システムトレーダーは、システマチックに己の欲望を排除し、機械的に、理性に基づく判断を下すことができるようにしています。

もっとも、システムの限界ゆえに、トレードチャンスがシステムトレーダーよりも裁量トレーダーのほうが多くなります。そのため、裁量トレーダーのほうが多くの収益を上げられるのかもしれません。

でも、私の場合は、裁量で常に理性的な判断を下すことが難しいので、システムトレードを採用しています。

トレードは、他のトレーダーとの闘いというより、自分自身との闘いだと感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。