利用する証券会社の変更

これまで長い間、

GMOクリック証券をメイン、SMBC日興証券をサブで利用してきました。

 

2013年ごろ稼働させていたルールの多くが順張りでした。

逆指値の際スリッページが発生しにくく、手数料が安かったのが、

GMOクリック証券だったからです。

 

しかし、今回のシステム調整により、

大半が指値発注を用いるルールになります。

そこで、手数料が無料であることを考慮に入れ、

SMBC日興証券に一本化することに決めました。

手数料がゼロになるため、

年間500,000円程度の削減効果を期待できます。

 

こうした経費の見直しは、

ルール調整以上に大事なことだと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。