今、インデックス投資を避ける理由。

究極のシステムトレードとは、

株式へのインデックス投資

だと思います。

 

なにしろ、バックテスト期間が長大です。

「イザナミ」のバックテスト期間は、

2000年以降の18年程ですが、

株式インデックスのバックテスト期間は、

控えめに見積もって100年近くもあるわけです。

 

そして、平均年率は約8%。

 

(「敗者のゲーム」チャールズ・エリス)

 

この表からも、株式インデックスの優位性は一目瞭然です。

年率は控え目ですが、

●手間はかからない。

●マーケットインパクトはない。

●過剰最適化の心配はない。

といったメリットもあります。

 

そんなら、なぜ株式のインデックス投資を行なわないのか?

 

それは、

現在の株式が、高値圏にあるからです。

 

高値圏にあるということは、

上の表にあるとおり、

1年後には35%の損失を出し、20年後にようやく原資を回復する・・・

つまり、

100万円の資金が1年後には65万円になり、20年後に100万円に戻る・・・

という可能性があると考えます。

 

様々な考え方があるとは思いますが、

個人的には、上記の点から合理的な選択ではないように思い、

今のところ、株式インデックスは行っていません。

 

もちろん、数年にわたって積立を行うならば、

株式インデックス投資は考慮に値します。

 

また、これから数年後、

高値から3割~4割程度下落した段階で、

株式インデックス投資をスタートするのは合理的な選択だと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。