レラティブ・ストレングスのシグナルを振り返ってみて。

レラティブ・ストレングス投資法を本格的に始めて、まもなく2年を迎えます。

レラティブ・ストレングス法は、iDeco口座で運用していますが、

これまで大きな元本割れを経験していません。

 

ここに、個人の記録に残る売買履歴のリストを転載いたします。

 

2017/02-2018/12の月末時点の売買シグナル

.jpg

 

こうして振り返ってみると、

2017年から2018年初めにかけて、株式に資金が傾けられており、

世界的に良好な相場環境が続いていたことが伺えます。

 

ところが、2018年中頃から、

日本リートを保有する期間が増え、円高に警戒する動きが見られてきました。

そして,ついに日本債券の出番です。

 

これからのレラティブ・ストレングス法は、

「攻め」ではなく、「守り」に徹することになりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。