トレードシステムの調整

ここ数週間、短期ストラテジーで不調が続いています。

その主因は、逆張りルールがジャストプランニングやビートといった銘柄を次々に仕掛け、

底が割れて含み損が拡大しているためです。

これまでは一部の銘柄の不調が問題であり、

ストラテジー単体の問題でも、ストラテジーの集合体であるシステムの問題でもない、

と考えてきましたが、そのようにすっぱり割り切れないほどの含み損をもつほどになりました。

 

これには、複数の逆張りルールが同じ銘柄を繰り返し仕掛けており、

リスクが拡大していることが理由だと判断しました。

 

そこで、ストラテジーを大幅に調整することにします。

ルール数も大幅に減るかもしれません。

 

また、この数か年の景気後退局面を見据えて,

中期・長期ストラテジーの調整も検討したいと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。