トレードシステムの調整②

短期トレードシステムが不調であることから、

大幅な見直しを行なうことにしました。

睡眠時間を削って、検証を続けた結果、

次のような調整を行ないます。

●13種類あったイザナミルールのうち9つはリストラし、4つのルールだけを稼働する。

●リストラしたのは、中期順張り買い(1)、短期順張り買い(1)、短期逆張り売り(1)、短期逆張り買い(5)、暴落時逆張り買い(1)の9種類のルール。

●稼働を続けるのは、短期順張り買い(1)、短期逆張り買い(2)、暴落時逆張り買い(1)の4種類のルール。

 

リストラした9つは、期待値が悪いわけではないのですが、

似たような銘柄ばかり仕掛けて、傷口を広げる結果になっているため、カットしました。

これにより、リーマンショック級が来ても、ショートするリスクをさらに減らせたことと思います。

 

現在稼働中の4ルールのポテンシャルはこんな感じです。

●短期順張り買い・・・取引回数(2,354回)、期待値(3.92%)、累計損益率(9231.52%)

●短期逆張り買い①・・取引回数(2,663回)、期待値(7.92%)、累計損益率(21093.41%)

●短期逆張り買い②・・取引回数(2,021回)、期待値(7.99%)、累計損益率(16154.69%)

●暴落時逆張り買い・・取引回数(549回)、期待値(24.01%)、累計損益率(13180.74%)

 

これからはやはり景気後退し、株価が下がる局面が増えると考えていることから、

かなり手堅いルールで固めてみました。

 

欠点は、普段の相場ではなかなか仕掛けがなく、退屈なことでしょうか。

でも、相場でハラハラドキドキは求めていないので、

下落相場・暴落相場でも損をしないことを優先して、システムを組みました。

これで様子を見てみたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。