ストラテジーの超速な作り方

こんにちは。GouSaiです。

 

イザナミを使うと、ストラテジーは簡単に作ることができます。

①極端な動きをしている銘柄を選ぶ。

②イザナミの相関情報機能を使って、①の類似銘柄を翌日に仕掛けた場合の期待値を出す。

③仕掛け・手仕舞い条件を微調整する。

 

以下、具体例を挙げて考えてみましょう!

 

①極端な動きをしている銘柄を選ぶ。

本日3/29(木)後場を終えて、極端な値動きをしている銘柄の一つが、

五洋インテックス (7519)です。

5日移動平均乖離率は28%、25日移動平均乖離率は44%を超えており、

暴落しています。

 

②イザナミの相関情報機能を使って、①の類似銘柄を翌日に仕掛けた場合の期待値を出す。

ここでは、次の条件を使いました。

●五洋インテックスの5日間の終値との相関が0.95より大きい。

●翌日指値(終日)終値▼5%で買い仕掛け。

●保有日数が2より大きい場合、翌日寄付手仕舞い。

 

③仕掛け・手仕舞い条件を微調整する。

仕掛けの位置を調整したり、保有日数を調整することができると思いますが、

微調整をしない、上記ストラテジーの概要は次のとおりです。

●総取引回数 6646回

●勝率 62.58%

●期待値 2.45%

 

実戦に投入するためには、もう少し検証が必要ですが、

5分程度でここまでのストラテジーができてしまいます。

 

イザナミはやっぱりすごいと思います。

 

株システムトレードソフトイザナミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。