システムトレードの調整③

短期・中期のトレードシステムを大幅に見直していますが、

超長期のトレードシステムとして採用していた3%シグナル法による積立投資を停止し、

一括売却することに決めました。

 

長いスパンで見て、現在の株式は高値圏に位置しており、

リスク資産をコンパクトにしておきたい、と考えているからです。

昨日のトルコリラ・ショックなどを見ても、

新興国経済は厳しい状況にあり、これから秋にかけて大きな調整相場がやってくると思います。

 

仮に、杞憂に終わったとしても、

長期システムであるレラティブ・ストレングスでリスク資産に投資していますので、

機会損失にもならないと判断しました。

 

このシステムは,株価の大幅調整が生じた後に,

再稼働する予定です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。