システムトレードで勝てないとき。

システムトレードで勝てず、焦りが生じることは誰もが経験することです。そんなときは、余計な裁量で売買を行って、大きな損失を被ったりしがちです。

でも、冷静になって考えてみると、おそらく大半のルールの勝率は5割から6割程度。負けが続くことだってあるわけです。私の体感では、3割が負けてばかりの忍耐の時期、6割が買ったり負けたりのトントンのつまらない時期で、残り1割が勝ちが続く嬉しい時期です。

この割合でもトータルで利益が出るので、余計なことをして、残り1割の勝ちトレードの機会を逸しないよういつも自分に言い聞かせています。

ちなみに、今年は売りルールばかりが発動して、今は、負けてばかりの忍耐の時期です。今を耐えれば、勝ちが続く嬉しい時期が訪れることを確信して、今日もシグナルに従いたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。