「最悪が起きないことを祈るだけというのは、文字通り最悪だ」

「節分天井、彼岸底」という格言が知られています。これは、新春相場が1月いっぱい続いて上昇し、節分(2月上旬)に高値をつけ、その後は3月決算に向けて調整して下落し、彼岸(3月中旬)に安値をつけるという相場の動きを表しています。

昨年末の暴落のリバウンドという側面が強いですが、1月中はかなり上昇してきました。そして、間もなく節分を迎えます。このアノマリーを信じるかどうかは別として、気を引き締めていくことはとても重要なことかと思います。

全国銀行協会の藤原弘治会長(みずほ銀行頭取)は、金融機関として、

「危機が予防可能かうんぬんよりも、危機は起こりうるという前提でリスク管理することが大切だ」

と語っています。

また、日銀の中曽・前副総裁はこう語っています。

「見たくない現実でも直視する目を持って悪いニュースほど、まず関係者が共有しなければならない。それがいざというときに正しい初動・スピーディーな対応を可能にする。常に最悪を想定して、可能な限り策をあらかじめ考えておいて、その上で最善を祈るしかない。最悪が現実になった場合には、考えておいた策を果断に勇気をもって実行すれば良い。ですから、最悪が起きないことを祈るだけというのは、文字通り最悪だ」

お二人の経済界の重鎮の言葉は、この時期にトレードを行う者として、真摯に受け止める必要があるかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。