「カンに頼るよりも記録をもとに判断する」

『ベンジャミン・フランクリン 富を築く100万ドルのアイデア』という本に次のような一文があります。

カンに頼るよりも記録をもとに判断する

冬の間、山や川の源流にどれくらい雪が降ったのかを知っていれば、夏の間にどれくらいの水を使うことができるのかを予測することができます。

同じように、あなたが過去におけるお金の使い方を記録していれば、将来の支出の予測も立てやすくなります。

これは、「カン」という裁量よりも「記録」という統計を駆使するシステムトレードに当てはまる考え方です。

たとえば,イザナミユーザーの方であれば、2000年以降の膨大な記録をもとに優位性があるかどうかを簡単に判断することができます。チャートを見ていて「カン」で売買したくなるときがありますが、その衝動を抑えてイザナミで検証すると優位性がない、ということは恐ろしいほど多くあるものです。

イザナミでも、他の検証ソフトでも、エクセルでも、記録をもとに判断するツールを使って判断していくなら、天才裁量トレーダーのような巨万の富を得ることはできなくても、100万ドル程度の利益を得ることは十分に可能だと信じて、日々、検証に努めています。

株システムトレードソフトイザナミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。